2016/12/01「人手不足が飲食店を潰す、企業としての在り方を見直せ」魅力ある企業には人が集まる!

2016/12/01「人手不足が飲食店を潰す、企業としての在り方を見直せ」魅力ある企業には人が集まる!

外食業界に関わらず人手不足や人件費高騰が叫ばれるようになり、近年ではその現実が飲食店の営業までも継続できない深刻な時代を迎えている。現実に営業時間の短縮や閉店など人手不足による影響は、飲食店を展開する企業に大きな問題になりつつあるようだ。
このままでは、既存店の営業維持や継続をすることだけではなく、人手不足で経営そのものがままならない現実が企業経営に深刻な状況を与えていると言っても過言ではないだろう。%e4%ba%ba%e8%b2%a1%e3%82%92%e5%a4%a7%e5%88%87%e3%81%ab%e3%81%99%e3%82%8b%e5%bf%83

いわば人手不足が飲食店を潰すという意味は、アルバイト、パート代金を値上げしても、アルバイト人員を補充できないと言う深刻な現実が現場にあることだ。勿論社会的には少子高齢化や人手不足は、いまに始まった事ではなく業種、業態によっては、常に人手不足状態が続くという現象は企業の雇用問題の一つであったことだ。
特に人手不足が目立つ業態は、仕事に魅力がなく、時給の割には仕事がきついという飲食店はなかなかアルバイト募集をかけても、スタッフを雇用できないのが現実であることであり、現場は常に人で不足という現実を本部側が放置してきたことも、現場アルバイトへの負担やつらい労働など何のためにアルバイトをしているのか、その意義もお金を得るための仕事と割り切れない現実があることだ。
本来であれば、アルバイト、パートの労働に費やす意味は、勿論生活費のため、学生であれば言わば仕事に魅力や社会人になるための勉強になるなど仕事の付加価値を求めていることだ。企業側の思想としては、現場のアルバイト・パートの雇用確保は店長の仕事だということそのものが誤った考え方であろう(いくら高い時給を払っても応募がひとつもないということが現実であることを理解しなければならない)。
企業の魅力や付加価値を高めることこそ、スタッフ・アルバイト雇用に繋がる

これまでは、高い時給を支払えばアルバイトは雇用できると思っていた時代はすでに終わっている。いまやアルバイトの仕事や仕事の内容、質までも応募者は綿密に、調べて応募する時代に変化してきていることを理解しなければならない。
果たして自社の飲食店や仕事そのものに魅力はあるのだろうかという視点に立って物事を考えたことはあるだろうか。いまや近年のアルバイト、パートの応募者の動機は、ただ時間が暇だから仕事をするという動機だけではなく、その仕事を通して社会的勉強になるあるいは将来的に自分の生きる目標の参考になるという信念を持った人は、長く仕事をしてくれることがわかっている。

外食業界全体の人事雇用は、どこの会社にとっても大きな課題であろうし、展開する上での障壁にもなりうる対策を打たなければならない問題でもある。そのためには、自社の飲食店の仕事ややりかいなど企業としてのイメージアップや魅力づくりを内部スタッフに感じてもらうことが大切であり、生活者を集客するための企業のイメージアップも大切であるものの、そこで働くスタッフや社員が自分の仕事に誇れる企業体質でなければ、将来的に人事雇用そのものが難しくなることを忘れてはならない。

つまりいくら高い時給を支払うという告知にも反応しないことは、企業そのものの在り方やイメージに問題があることを改めて認識しなければならない。
勿論アルバイト、パートの応募の動機には、生活費を稼ぐため、その他種々の理由があるものの、働く店のアルバイトの姿やユニフォームなどその飲食店そのものに魅力があれば、さほど法外な時給でなくてもそこで働くという動機は喚起できることを忘れてはならない。

つまり今後も人で不足は、益々深刻化してくるだろうし、外国人雇用ルートの確立や企業体質としての魅力づくりを現場に至るまで表現できるようになれば、アルバイトスタッフの雇用に困ることはなくなるはずだ。

%e9%ad%85%e5%8a%9b%e3%81%82%e3%82%8b%e4%bc%81%e6%a5%ad%e3%81%ab%e4%ba%ba%e3%81%af%e9%9b%86%e3%81%be%e3%82%8b

会社のスタッフを大切にしているだろうか」「社員が気持ちよく仕事ができる環境になっているだろうか」「トップは常に魅力ある会社にしようと思っているだろうか」

「企業の在り方を見直しスタッフ全員が将来の夢を語れるような会社であることを目指すべきである」

「飲食店の経営の原点とは、人が人を通してお客様におもてなしをすることである」

 

最新情報一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>