2017/12/01プレゼンテーションメゾットを研くポイント/説得力がビジネスを成功させるカギ 

プレゼンテーションメゾットを研くポイント/説得力がビジネスを成功させるカギ竹谷稔宏

「勝つためのプレゼンテーションメゾットを研くポイント」
厨房計画の飲食店のデータや資料情報の発信は一般的にはクライアント側あるいは内装デザイナーなど種々のケースがあるだろう。
今回はいかにクライアントを説得するための平面図面のプレゼンテーションのよりよい方法を以下に説明しよう。
1クラインアントニーズを把握する方法
 ①クライアントの要望やニーズを理解する方法は、我々への依頼内容や動機を把握することから始めることである。時には、依頼内容がまとまっておらず、何を我々に依頼したいことがわからない人もいるだろうし、まとまっていないことは常である。
②初面談で相手の気持ちを把握するためには、クライアントニーズをまとめてあげると気持ちで話を聞き、依頼内容をまとめる助言や要望に沿った微妙な調整を加えることである。
プレゼンテーションメソッド
2共感を得るための表現力
①相手に共感を持ってもらうことの一歩は、相手の意見をよく聞き相手の疑問や質問に対して的確に助言することであり、相手の目をみて話すこと。
②相手のしくさや反応でその話に共感をしているかいなかの判断をすると共に、相手の興味にあわせて深く話してあげることが大切である。
3プレゼンには起承転結が必要である
①いかなる業務においても提案書や企画書は提出しなければならない。
②3ページでも構わないので提案書とその内容説明を加えることであり、その内容には起承転結は不可欠である。

クライアントニーズ

 

■クライアント側の意向に沿っていなければならないこと
■具体的業務内容は誰でもわかるように噛み砕いておくこと
■結論として導き出される結果は、クライアント意向に適合していること
③その提案書は相手側が納得いくものになっていること
4クライアント発想にたつ視点を持つ方法/聞き上手は信頼を生む
①クライアントの要望や気持ちを把握する場合に気をつけなければならないことは、本当に悩みや疑問を率直に話しているかということである。
②人によっては、事故防衛をしてあまり心を開かない人や我々のことを歓迎していない場合もある。
③ついつい我々のペースに話をいきなり持っていこうとする人も要るが、その方法は反発と好感の相反する手法であることを理解しておかなければならない。
④先ずは最初の面談は、相手の話を聞き、その内容(良し悪しは別として)を十分聞いてあげることが大切である。
⑤話している途中で口を挟んだり、決して否定をしてはならない。勿論、「適度な相づち」や「意見に対する反応」は必要である。
⑥初対面の場合は、人は相手を見るときに自分の見方か、そうではないかの判断を相互の会話から見極めようとするものであり、そこで信頼を得るためには相手の意見をよく聞いてあげる「聞き上手」になることが大切である。
5トークに興味を持たせるコツとポイント
6クライアント否定はしてはならない
7否定的な意見を有効に変える話術
8信頼こそ武器になる理由

プレゼン
どんな仕事でも人と人の繋がりで物事は生まれたり、業務を受注出来たりするものであり、特に平面計画のプレゼンテーションでは、クライアントニーズに合わせて説得ある設計企画書を提出ことである。
平面図面のプレゼンテーションで注意しておかなければならないことは、いかにクライアントニーズを捉えた平面計画を提案できること。
また平面図面のオペレーションの効率的流れや、且つ機能性を駆使していることを説明説得できることがポイントになるだろう。
つまり平面図面を提案する当事者の勝つためのマインドセッテイング(相手に分かりやすく説明する話術や相手のしぐさや視線、顔の表情で反応を理解できていること

尚且つその反応に合わせて話し方や説明の方法を変化させることが相手を説得できることが「勝つためのプレゼンテーションメソット」である。

共感を得るための表現力

最新情報一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>